・次亜塩素酸水とは?

2002年に「強酸性電解水」と「微酸性電解水」が「人体に健康を損なう恐れがない」ことから食品添加物に指定され、その時に次亜塩素酸水と言う名称も与えられました。その後に「弱酸性電解水」が追加指定されました。

*電解水とは?

「品質(生成原理、生成機器と生成水の規格)」、「有効性」「安全性」に関して科学的根拠が示された機能水のこと。

*強酸性電解水とは?

0.2%以下の塩化ナトリウム(NaCl)水溶液を陽極と陰極が隔膜で仕切られた二室型あるいは三室型の電解槽内で電解し、陽極側において生じる次亜塩素酸(有効塩素濃度20〜60ppm)を主生成分とするpH2.7以下の電解水を強酸性電解水(強酸性次亜塩素酸水)と言います。

*微酸性電解水とは?

陽極と陰極が隔膜で仕切られていない一室型電解装置で2〜6%塩酸水あるいは塩酸と塩化ナトリウム水溶液の混合液を電解することによって生成されるpH5〜6.5で、有効塩素10〜80ppmの次亜塩素酸水溶液です。生成水すべてが殺菌水であることが特徴的です。

*弱酸性電解水とは?

pH2.7〜5.0、有効塩素10〜60ppmの弱酸性電解水が2012年に食品添加物に指定されました。
0.2%以下の塩化ナトリウム水溶液を陽極と陰極が隔膜で仕切られた二室型あるいは三室型電解槽内で電解し、陽極電解水と陰極電解水が装置内で混合されて生成します。

一般財団法人 機能水研究振興財団ホームページより

次亜塩素酸水は、機能水研究振興財団によって定義され主に、「生成方法」「PH」「有効塩素濃度」の3点によって分けられております。この定義から外れている次亜塩素酸水に関しては、「次亜塩素酸水溶液」と呼んだほうが良さそうです。