本当に「いい歯医者」を見分ける5つの条件

先日、東洋経済でこんな記事をみつけました。

本当に「いい歯医者」を見つける5つの条件。174人の現役の歯科医の先生に聞いたアンケートです。

第1位 初回の診察時間が長い                     96/174人が回答

第2位 自分が不得意な治療は断る                   81/174人が回答

第3位 治療の度に歯の写真を撮る                   66/174人が回答

第4位 治療の前に歯科衛生士が口中を清掃する             52/174人が回答

第5位 すぐに虫歯をげ削ろうとしない                 38/174人が回答

 

第1位、最も多くの先生が挙げたのが、「初回診察時間の長さ」これは、正しい診察をするために、患者の話をよく聞きよく会話をする必要性を言っているようです。別のアンケートでも、患者が歯科医師に期待するなかで、「患者の症状の理解度」を2番目に挙げてます。

 

第2位、以外にも、本当に良い歯医者は自分の不得意な治療はせず、希望があれば別の医院を紹介すると言ってます。「いまどきのクリニックは、ホームページに医師の経歴、どのジャンルの治療をより得意としているかが分かります。」 別のアンケートでは、医師の適切な指導力、アドバイス力に期待するのがトップになってます。それが、このへんと被るのですね。自分の得意分野をPRする必要があるんですね。

 

第3位、歯の写真を撮影することで、患者自身の口の中をしっかりと確認してもらい、治療の方針説明などに使う。中には、写真を見ながらスタッフ一同で検討会をすることも。

 

第4位、口の中は細菌だらけ、十分なクリーニングをしないで治療をした場合、汚れごと歯の型をとったり、汚れを巻き込んだ状態で詰め物をしたりして治療結果が良くない。医師による治療と同じくらい、歯科衛生士による口内クリーニングは重要。

 

第5位、虫歯がらといってすぐに削るのはあまり良くない。どうしても削る場合は、マイクロスコープなど拡大鏡を使って、削る場所を最少にする努力をするのが、良い歯医者。さらに、従来なら削る虫歯でも、削らなくても大丈夫なケースも出てきてます。十分に説明する必要があります。

 

別のアンケートでは、信頼してもらえる歯科医師の条件では、

1位、医師の人間性、

2位、適切な指導力、アドバイス力、

3位、話しやすい雰囲気             がベスト3です。

 

患者立場からではありませんが、私が読んでも「なるほど!」と納得するところがあります。歯科の先生の参考になればと思います

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です