院内感染対策をお考えの歯科医院の先生へ!

治療室のエアロゾル・院内感染・・・心配ではありませんか?


歯科治療は回転切削器具を使うため、血液で汚染されたエアロゾルや

微生物を含んだ切削粉塵が診察室に飛散しています。

実際に「無吸引の場合約2m四方の範囲まで飛沫汚染が 及んだ

という報告もあります。(歯科医療機関における院内感染対策について、医政歯発0604号)

血液中に含まれるB型肝炎ウィルスは、乾燥状態で1週間経過しても感染力を持つことが

動物実験で報告されており、実際に衣服や環境表面に付着した血液からの感染が疑われた症例報告もあります。

(歯科医療機関における院内感染対策について、医政歯発0604号)

院内感染予防対策として、院内の清掃、治療器具の洗浄、消毒、滅菌、

院内感染経路の遮断(手洗い、空気清浄、マスクやグローブの使用と破棄等)が有効です。


カーボネイト次亜水(酸性電解水)を使ってみませんか?

  酸性電解水は、各種の病原細菌(MRSAなどの薬剤耐性菌を含む)、食中毒菌、ウイルス(インフルエンザウイルスやノロウイルスなど)に幅広く強い殺菌活性を示し医療、歯科、食品あるいは農業など多様な分野で利用されています。 主な殺菌因子は電解によって生じる次亜塩素酸(HClO)です。

酸性電解水は、酸性のため皮膚粘膜に対するダメージがほとんどないことから、手洗いなど直接肌に使用できます。

(機能水振興財団)

表面バリアで覆われていない歯科用ユニットの臨床的な接触表面については、患者治療ごとに

消毒薬や滅菌財で清拭することが院内感染防止に有効で勧められます。

目に見える血液で汚染されている部位を消毒するときは、次亜塩素酸ナトリウム10倍希釈液

(5000ppm)を用いると30秒以内に各種被験ウィルスが不活性化された報告があります。

(歯科医療機関における院内感染対策について、医政歯発0604号)

資料請求・お問い合わせはこちらから!


カーボネイト次亜水(電解水)生成機 CM2βについて

【特長】

❒ 必要なのは、食塩(5g)と水道水、炭酸水(500ml)だけ。どこでも簡単に入手できる材料です。

❒簡単操作、専用ボトルに食塩と水道水を入れて後は希望濃度と季節を選択して 入/切ボタンを押すだけ。たったこれだけで約5時間半後には電解水が出来上がります。

❒軽量(1525g)で持ち運びができます。例えば、多店舗、多営業所間でのご利用もこれ1台でOK!コストダウンにつながります。今まで価格が高くて導入をためらっていた方にも手軽にお使いいただけます。

❒生成直後はPH8.5~9、濃度1000ppmの電解次亜水です。介護施設での吐物処理や歯科医院での付着した血液の清拭に利用できます。(酸性電解水は有機物との反応性が高いため上記の利用には不向きです)

❒PH6~6.8、濃度250ppmの酸性電解水は、炭酸水素イオンの緩衝性によりPHが安定します。

❒PH6~6.8、濃度50ppmでは専用の噴霧器で空間の除菌、消臭が可能です。

うがい、院内の清掃(床、ドアノブ、トイレ、スリッパ等)多方面での利用が可能です。

❒手洗い後の殺菌に使えます。感染症予防には、手洗いが有効ですが石鹸だけの手洗いは洗い残しが出来てしまします。石鹸で汚れ(有機物)を落とした後に電解水の殺菌は有効です。

❒50ppmでの殺菌効果(50ppm電解水を加えた1分後のデータです:日本食品分析センター)


まとめ2

資料請求・お問い合わせはこちらから!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

¥73,440

商品コード: CM2β 商品カテゴリー:

商品説明

【仕様】

■電源 AC100V(50/60HZ)

■消費電力 3W

■構成

1、ACアダプター(重さ75g)AC100V(50/60HZ)出力DC12V

2、コントロールベース(重さ1290g)

3、生成容器(重さ160g)

■能力 (50ppmと250ppmの2通りの生成が出来ます)

1、濃度50ppm、PH6~6.8、 生成時間 75分~85分 で2L

2、濃度250ppm、PH6~6.8、生成時間 335分(5時間35分)~355分(5時間55分)

【生成手順】

■ACアダプターの接続

取説ACアダプターの取り付け

■食塩水の作成

取説食塩水の作成

■運転(設定の方法)

取説設定例1

取説設定例2

*希望する濃度(50ppmと250ppm)を設定します。次に季節(夏、春秋、冬)を設定します。これにより生成時間を調節しますので安定した濃度が得られます。

■生成開始と完了

取説設定例3

設定が完了して入/切ボタンを押すと、生成が開始し、設定した(濃度と季節)LEDランプが点滅を開始し、入/切ボタンが点灯します。

生成が完了すると、2分間ブザーが鳴ります。その後LEDランプが消灯します。

■希釈、中和

取説希釈中和

炭酸水500mlを加えて残りは水道水を加えて2Lにします。これで生成は完成です。

 

資料請求・お問い合わせはこちらから!

 

 

 

 

 

レビュー

レビューはまだありません。

“カーボネイト次亜水(電解水)生成機 CM2β” の口コミを投稿します