●感染の主な経路は手から口へ!

手洗いは手に付いた病原菌を取り除いたり、手を介して感染する接触感染の予防になります。

お問合せはこちらまで!

 

手洗いの順番

これは国立感染症研究所が推奨する「手洗いで感染予防」という手洗いの方法を表したものです。

消毒液から始まって指先、手のひら、手の甲、指の間、親指、手首の順で洗っていきます。この間約10~15分です。

実際に毎回このように手を洗うことは非常に難しです。

 

 

 

 

●オススメなのは電解水(酸性次亜塩素酸水)

による手洗いです。

 

手洗い写真1

これはハンドソープを使って手洗いの試験した結果の写真です。

手洗い前とハンドソープを使って15秒間揉み手洗いをし、その後に

水道水で15秒間手洗いをし手のひらに残った雑菌の培養写真です。

ほとんど除菌されていないのが分かると思います。

 

 

 

手洗い写真2

次に電解水(酸性次亜塩素酸水)を掛け流して10秒間手洗いをし

手洗い前とで雑菌の培養をした写真です。

 

除菌されているのが分かります。

ちなみにこのときの次亜塩素酸水の有効塩素濃度は27ppmです。

 

 

●実際に使う場合には

実際に手洗いに次亜塩素酸水を使う場合は、石鹸で汚れを落とした後に次亜塩素酸水を掛け流して使うのが

最も効果的です。

酸性次亜塩素酸水は、有機物(手に付いた汚れ)と即反応してしまうため、皺の間に入り込んだ病原菌に届

かない可能性があります。そのため最初に石鹸で汚れを落とすと効率的です。

 

●まとめ

小さな子供は、興味のあるものは何でも口に入れてしまいますし、ハイハイする床は雑菌でいっぱいでも気に

することはありません。電解水(酸性次亜塩素酸水)は、おもちゃや床の清掃にも使うことができます。

過度に神経質にならずに、一度試してみてください。

お問合せはこちらまで!

 

最後までお読みいただき有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です