まずは安全性でしょう。

1920年代に日本で発明されてから、今に至るまで事故がないんですよ。そして公的機関(機能水振興財団)で安全性の試験をしてくれてます。そして発表もされてますよ。

次に効果がハッキリしてます。

効果についても前出の機関で試験をしてくれてます。そして、知ってます?過去10年間で13400件もの食中毒が起きて

275000人もの人が食中毒を発症してることを。しかも、そのうち140000人(51%)が原因となる食物が分からない状態だってこと。

だから、手洗い、食器、テーブルなどすべてに使える次亜塩素酸水が必要なのです。

パンデミックに備えましょう!

2011年の東北震災、ついこの間の熊本地震。いずれも仮説のトイレが原因でノロウィルスの感染者が出ています。被災されて、避難所での生活、大変なストレスを受けて免疫力が下がってしまい感染のリスクが高くなります。

せめて排便後、食事の前に手を殺菌できれば、そのリスクはかなり下げられるのではないでしょうか。日本中、どこにいても被災する可能性がある地震大国の日本では是非備えたいところです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です